javascriptをONにしてご覧ください。

よい弁護士の選び方①|お知らせ|札幌の弁護士 - 札幌シティ法律事務所

お電話でのお問い合わせ011-271-5305

  • ホーム
  • お問い合わせ

お知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. よい弁護士の選び方①

お知らせ

よい弁護士の選び方①

2016年8月31日

 こんにちは。札幌シティ法律事務所弁護士の佐藤です。

 更新が少し遅れてしまいました。
 今日は弁護士の選び方について、業務をしていて気になる点があるため触れたいと思います。

  最近は、インターネット上に法律問題の情報も多く掲載されており、依頼者も様々な情報を調べてから、法律相談に来られることが多くなっています。
 また、初回無料法律相談を行なう弁護士も増えており、依頼者の方でも様々な法律事務所を回り、弁護士の意見を聴かれて歩く方も散見されます。
 弁護士に事件を依頼すれば、少なくない費用がかかることになるため、信頼できる弁護士を見つけたいと思うことは当然です。多くの情報を収集してから弁護士に事件を依頼する、これ自体は、適切な行動であると思います。
 私たちの事務所は、古い事務所ですから、従来は人からの紹介を受けて事件を依頼される方が多かったですが、最近ではインターネットを経由して、相談に来られる方も増えてきました。その中には、他の法律事務所でも意見を聞いていますと言う方も少なからずいらっしゃいます。

 もっとも、何人かの弁護士の意見を聞くのであれば、その中から事件を依頼する弁護士を一人選ぶ必要があります。
 その際、紛争を抱えて心底困っている依頼者は、「絶対大丈夫です」「必ず勝てます」などと強気の意見を述べてくれる、弁護士を選んでしまうのではないでしょうか。

 今は、弁護士も増えており、弁護士によっては売り上げを伸ばすために、事件をとるのに必死な弁護士もたくさんいます。少しでも依頼者を増やすために、はじめに強気の発言をする弁護士はそれなりにいるはずです。

 しかし、ここで少し立ち止まって気をつけてほしい点があります。

 法的な紛争は前例と全く同じ事案というものは存在せず、個々具体的な事案により差異があります。100%勝てる事案などというものは存在しないのです。そもそも、裁判で勝つか負けるかを判断するのは、その弁護士ではなく、第三者の裁判官なのです。

 よい見通しを述べる弁護士を安直に信頼することは危険であると思います。
 厳しくも事件に対して誠実に向き合ってくれる弁護士が、良い弁護士なのではないでしょうか。

 私たちの事務所では、不用意にも必ずなどという言葉は使わないようにしています。
 弁護士が無責任な発言をすることで、かえって費用のみが発生して、2次被害を被るのは依頼者の方です。
 その代わり、依頼者の方がつらい紛争の中から少しでも救われるように、全力を尽くして依頼者を守りたいと考えています。

  最近少し気になっていましたので、コメントしました。
 また次回以降、もう少し網羅的に弁護士の選び方についても記事にしようと思います。

<< 前の記事へお知らせ一覧へ次の記事へ >>

お問い合わせ:TEL011-271-5305/MAIL

  • 初めての法律相談
  • お問い合わせ

Latest News

Archive