javascriptをONにしてご覧ください。

犯罪事実、行政処分に関するネット上の誹謗中傷|お知らせ|札幌の弁護士 - 札幌シティ法律事務所

お電話でのお問い合わせ011-271-5305

  • ホーム
  • お問い合わせ

お知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 犯罪事実、行政処分に関するネット上の誹謗中傷

お知らせ

犯罪事実、行政処分に関するネット上の誹謗中傷

2018年1月24日

こんにちは。弁護士の佐藤です。

最近よくお問い合わせを受けます、犯罪事実、行政処分に関するネット上の誹謗中傷問題についてお伝えします。

ネット上に書かれているご自身の犯罪歴に関する情報、行政処分情報に、苦しんでおられる方は実際には多いかと思います。

私も、犯罪事実、行政処分事実についてのネットの記事や掲示板削除対応を行っております。

記事の中には、犯罪事実は一切行っていないのに疑いだけ書かれてしまって被害を受けているという方もいると思いますが、犯罪事実それ自体は事実ですという方もいるかと思います。

これらの記事は、通常期間の経過とともに減少していきますが、中には2ちゃんねるなどで書かれてしまった記事は残ってしまうこともあります。

記事自体をすぐに、削除することは、犯罪事実、犯罪者を伝える公益的側面があるとされ、中々難しいところです。

もっとも、一定期間、3~5年程度が一つの目安となるかと思いますが、期間を経過すれば、当然公益的側面も減少しますから、削除措置をとることが可能となります。

また、2ちゃんねる(現在の5ちゃんねる)などは一度書き込みがされると、オリジナルの掲示版がコピーされる仕組みになっていて、まとめコピーサイト増殖してしまうなどという点がありますが、元の掲示板を削除することができれば、これを阻止することが可能です。

 実名を報道することの意義については、議論がありますが、公益的側面があるとしても、実名が残り続けてしまって、罪を償ったにもかかわらず、ネットによる中傷により社会復帰が困難となり続ける社会というのは、問題であると思います。健全な社会復帰を促進できるようにしたいと考えています。

こういったことでお悩みの方は、ぜひとも一度ご相談ください。

 

<< 前の記事へお知らせ一覧へ

お問い合わせ:TEL011-271-5305/MAIL

  • 初めての法律相談
  • お問い合わせ

Latest News

Archive